はじめよう、enebular (2)

はじめに

5回連載でenebularのはじめ方や活用方法などを動画でご紹介しています。「enebularってはじめるのが簡単って聞いたけどどんな感じ?」とか「遠隔地のデバイスにフローをデプロイするって、どういう風にやるの?」とか……などの疑問にお答えします。

 

第2回:フローを作って動かしてみる

前回でenebularを使い始めてスタートラインに立ちました。今回は「フローを作る」と「フローを実行する」です。


フローを編集してデプロイする

フローを編集し、プログラミングで定番のファースト ステップ、「Hello World」の文字列を開発環境で出力するところまでを解説します。3つのノードと、正しく組み合わせたかどうかを確認するデバッグのノードの4つのシンプルなフローを作ってみましょう。

 


永続的なデプロイの方法について

enebularを開発環境でデプロイする場合には、こちらの記事で解説しているように、一定の制限があります。制限なくフローをデプロイしてフローを実行する方法を解説します。

公式ドキュメントの「Herokuへのデプロイ」の項も併せてご覧ください。

 


次回の動画

次回は、印の項目を解説します。

  1. enebularアカウント登録の方法について
  2. プロジェクトを作成する
  3. フローを編集してデプロイをする(今回)
  4. 永続的なデプロイの方法について(今回)
  5. 公開されているアセットの使用と作成したアセットの公開の方法
  6. プロジェクトを複数人で管理する方法と注意点
  7. データを可視化する① 〜Data Sourcesの設定〜
  8. データを可視化する② 〜グラフの使い方〜
  9. データを可視化する③ 〜InfoMotionを動かそう〜
  10. Raspberry Piのセットアップ①
  11. Raspberry Piのセットアップ②

今後の更新をお楽しみに。

 


関連リンク

enebularユーザー向け技術ポータル