Node-RED con 2022に参加しました

Node-REDユーザーが集うカンファレンスが今年も開催されました。

18名の登壇者と日本語と英語のトラックで、今年も盛りだくさんの内容でした。

https://nrcon.nodered.org/index-ja.html


ウフルからは以下の2名が登壇し、運営では古城が参加しました。

各トラックの動画は公開されておりますので、ぜひご覧ください。

Three Points to Boost Productivity in Node-RED development

Non-pro developers are required for the rack of IT human resources. Even though Node-RED is a Low Code/No Code tool that encourages people to start making an App, some tough points still exist.

This session introduces 3 points for removing the toughness to boost productivity in Node-RED development.

山崎 亘, 株式会社ウフル

動画視聴はこちら


スマートシティプロジェクトにおける市民開発向け開発環境のご紹介

システム開発は通常プロの技術者が実施しますが、起案からリリースまでのスパンは長いものになります。しかし、地域社会の課題解決のためには、市民の気づきやアイディアが素早く実現できるような仕組みづくりが必要ではないでしょうか。

そこで、ウフルではNode-REDを活用して、スマートシティプロジェクトにおいて市民開発者向けアプリ開発基盤を提案しています。Node-REDはローコードツールであるとともに開発効率の高さや拡張性などの懐の深さがあります。

スマートシティにおける共通言語として十分な役割を担えると考えています。当セッションでは、栃木県佐野市での取り組みについてご紹介致します。

青木 隆雄, 株式会社ウフル

動画視聴はこちら